メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動画ライブラリー かでな町 食育まんが・レシピ

スプレー缶の処理について

情報登録日:2016/04/22

◆安全に処理するために
・カセットボンベ、スプレー缶(エアゾール缶)は必ず中身のガスを使い切って出してください。

※スプレー缶に穴は開けないでください。※

◆チェック方法
・中身の有無を確認
 振って中の音を聞いてください。中身のガスが残っていると「シャカシャカ」と音がします。
 必ず使いきってから各行政区ごとに指定されている回収日に出してください。
 回収日については下記の通りになっておりますのでご確認ください。

・東区:第1・第3土曜日
・中央区:第2・第4土曜日
・北区:第2・第4土曜日
・南区:第2・第4土曜日
・西区:第1・第3土曜日
・西浜区・第1・第3土曜日

◆適切な処理を行わないと大変危険です。
 ・火災、爆発の原因に
 中身の残ったカセットボンベ・スプレー缶(エアゾール缶)を排出するとごみ収集車両、の火災の原因となります。ごみ処理施設で、爆発事故が発生する原因となります。

平成27年12月4日に、ごみ焼却施設(比謝川行政事務組合環境美化センター)で不燃物の処理中に爆発事故が発生いたしました。

ごみ焼却施設で爆発事故の発生.pdf

◆どうしても使い切ることができない場合
カセットボンベ・スプレー缶(エアゾール缶)を最後まで使いきったはずなのに、まだ中身の音がする場合、商品に表示されているメーカーにお問い合わせください。

※カセットボンベにメーカー名が表示されていない場合は、社団法人日本ガス石油機器工業会
〔カセットボンベお客様センター〕0120-14-9996 までお問い合わせください。
URL:http://www.jgka.or.jp/

※「用語解説」で表示される用語のリンクは、運営元のページに移動します。