メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域文化

豊かな地域文化~伝統文化を現代に受け継ぐ

 文化財は、我々の先祖の生活の知恵から生み出せれ、歴史,学術、芸術、鑑賞上の価値の高いものです。町内の文化財については調査・研究を行い、保存保護及び将来へ継承していく体制を確立し、文化財に対する認識と保護思想の普及によって、町民自ら地域文化を育成していく機運を高めなければなりません。嘉手納町では昭和51年「嘉手納町文化財保護条例」を制定し文化財の調査、発見、保護を図っています。

千原エイサー

culture1.jpg

 千原部落は北谷間切り野國村の一角に属し、1,800年頃、首里や那覇、久米村からの移住者によって、7、8世帯の小部落(屋取)が形成されました。その頃、12、3名の男子が寄り集まって、祖先の供養と村人たちの娯楽のために部落独特のエイサーを始めたのが千原エイサーの起源。

屋良のあやぐ

屋良のあやぐ この踊りは、明治時代から屋良部落の村遊びで踊られてきたといわれています。あやぐは本島の各市町村にも独特のものがいくつかありますが、ほとんどが男女による群舞となっています。屋良部落でも昔は男女がペアーになって16~18名で踊ったとされています。また、屋良には「屋良のチンク」という民俗文化財があります。

野國天川

野國天川 明治時代に野國部落の有志が、那覇の芝居の役者から習ってきて部落の若者達に教えたのがこの芸能の始まりだといわれています。専門家の話では、この踊りは加那ヨー天川の原形をなすもので、仲尾時代の玉城盛重が創作したものだといわれています。

野里棒術

野里棒術 野里の棒術は一名道棒ともいわれ、武術として普及され、二人が命がけで打ち合う姿は真剣勝負そのもの。棒術は組棒と一人棒とがあり、又棒も六尺棒と尺はじりといわれる三尺棒の二種類があります。組棒の種類は戦前まで49組くらいあったといわれていますが、現在は11組継承されています。一人棒には三手あります。