メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

嘉手納町と基地

嘉手納町の概要

 本町は、沖縄本島の中部に位置し、東シナ海に面する海岸線沿いにあって、那覇市から北へ約23キロメートルの地点にある。北は比謝川を境に読谷村に南東部は嘉手納飛行場内で北谷町、沖縄市と境界を接している。

 面積は、15.12平方キロメートルで南北に約8キロメートル、東西においては、北の方で約2キロメートル、南の端では約5キロメートルの南北に細長い逆L字型になっており、町域を流れる比謝川は、沖縄市に源を発し、東シナ海へ注ぐ本島最大の流域面積を有する河川であり、流水量も豊富で2級河川の指定を受けている。

 嘉手納町は戦前、北谷町の一行政区域で、沖縄本島のほぼ中間という地理的条件に恵まれていたため、県営鉄道嘉手納線が運航する陸交通路の要衝にあって県立農林学校をはじめ、青年師範学校、警察署、沖縄製糖株式会社嘉手納工場等が所在し、中頭郡における教育、文化、経済の中心地としての役割を果たしていた。沖縄八景に数えられた風光明媚な比謝川には、県下各地から汽帆船が比謝橋付近まで出入りし、中頭郡における集散地としても盛んなところで、人、自然、産業の調和のとれた町として発展を遂げてきた。

 しかし、昭和19年日本陸軍沖縄中飛行場が建設されたこともあって、第2次大戦における米軍の沖縄本島最初の上陸地点となり、その集中砲火はし烈を極め、住居をはじめ、生産施設や貴重な文化遺産のすべてを破壊され、文字どおり焦土と化し、昭和20年8月15日の終戦を迎えるに至った。

 戦後は、昭和23年4月頃まで、嘉手納飛行場内の部分的通行が可能であったが、その後、米軍の飛行場管理が強化され、全面的に通行立入りが禁止されたため、村域が完全に二分された。このため、昭和23年12月4日付けで分離独立し「嘉手納村」としての第一歩を踏み出した。ところが、分村まもない昭和25年、朝鮮戦争の勃発によって米軍は嘉手納飛行場を「極東最大の空軍基地」として重要視し、逐年整備拡張され、昭和42年には4000メートル級の2本の滑走路を完成させ、実に町面積の約82パーセントにのぼる膨大な面積が同飛行場や嘉手納弾薬庫地区として接収され、住民は残された約18パーセントのわずかな土地での生活を余儀なくされた。このため地域活性化の主柱となる生産活動の基盤整備やまちづくりなど大きな制約を受け、恒常的に発生する航空機騒音等もあって町の衰退の要因となり、「基地の島、沖縄の縮図」といわれてきた。

 本町では、広大な米軍基地の所在による閉塞感を緩和し、町の活性化を促進するため、沖縄米軍基地所在市町村活性化特別事業、通称「島田懇談会事業」により、総事業費218億円余をかけてタウンセンター開発事業、マルチメディア関連企業誘致事業、総合再生事業を実施し、平成20年3月に完成した。

 第3次総合計画に引き続き、平成21年度を初年度とする第4次嘉手納町総合計画を策定し、「支え合い」「人づくり」「安心」「賑わい」の4つの理念を基軸に置き、町民との協働を前提に、誰もが安全で安心して暮らせる環境づくりを目指して、まちの将来像「ひと、みらい輝く交流のまち かでな」の実現に向けたまちづくりを進めている。


嘉手納基地の沿革

 本町に所在する米軍基地は、嘉手納飛行場、嘉手納弾薬庫地区及び陸軍貯油施設がある。

 嘉手納飛行場の面積は19.86平方キロメートル(東京国際(羽田)空港の1.3倍・東京ドームの約425倍)で嘉手納町、沖縄市及び北谷町の1市2町にまたがっている。

 嘉手納飛行場は、昭和19年9月に旧日本陸軍航空本部中飛行場として開設されたが、昭和20年4月、沖縄本島に上陸した米軍は直ちに同飛行場を占領し、整備拡張を行い、同年6月には大型爆撃機が離発着できる全長2,250メートルの滑走路を完成させ、昭和42年5月頃には4,000メートル級の2本の滑走路を完成させた。

 昭和43年2月5日には台風非難を理由に飛来したB-52部隊が常駐し、同年11月19日、B-52戦略爆撃機が離陸に失敗し、墜落爆発炎上した。この事故を契機にB-52部隊常駐に対する住民の反対運動が高まり、昭和45年10月6日をもってB-52部隊は撤去された。

 昭和47年5月15日の復帰の際には、「嘉手納飛行場」、「キャンプサンソネ」、「陸軍住宅地区」が統合され、「嘉手納飛行場」として提供され、昭和54年以来始まった一連の太平洋空軍の装備の近代化の一環として昭和54年9月29日からF-15イーグル戦闘機の配備が開始され、昭和56年3月27日に配備が完了し、F-4DファントムからF-15イーグル戦闘機3飛行隊へ改編を終了、また、昭和55年5月23日にE-3A(現E-3B)セントリー空中早期警戒管制機が配備された。嘉手納基地再編統合により平成4年12月15日をもって、F-15イーグル戦闘機18機が撤退した。

 ピナツボ火山の噴火に伴い、平成3年6月にフィリピンクラーク基地から一時移駐していた第353特殊作戦群が、第18航空団準構成部隊として常駐するようになった。

 そのほか、第18航空団準構成部隊として、第733空輸機動支援中隊、第82偵察中隊や第390情報中隊が配備されているほか、在沖米海軍艦隊活動司令部が置かれ、P-3Cオライオン対潜哨戒機、P-8Aポセイドン対潜哨戒機及びEP-3電子偵察機が配備されている。

 嘉手納基地と連動する嘉手納弾薬庫地区は、面積が26.58平方キロメートルで、嘉手納町、沖縄市、うるま市、読谷村、恩納村の2市1町2村の広範囲にまたがっている。同弾薬庫地区は、昭和20年米軍の沖縄占領と同時に使用され、従来陸軍が管理していたが、在沖米陸軍の機構の再編成に伴い、昭和53年7月頃に陸軍の弾薬庫が韓国や中近東に移設されたため、同年10月1日から第18航空団第18整備群第18弾薬中隊が管理運営し、陸軍、海軍、空軍、海兵隊、四軍全部の任務を支援している。

 海軍は、南部弾薬庫や那覇空軍・海軍補助施設の瀬長島にあった海軍弾薬庫の返還に伴い、昭和51年8月31日に移設されたもので、空軍地域の一部を使用し、対潜哨戒機の魚雷弾頭や爆雷を貯蔵している。

 また、陸軍貯油施設として嘉手納タンクファームがある。米軍は昭和20年から27年にかけて、嘉手納町、北谷町、那覇市、具志川市(現うるま市)にタンクファームを建設し、昭和27年から28年にかけて、これらの施設間のパイプラインを敷設して連結し、米軍の主要基地間を結ぶ動脈としてジェット燃料やガソリンなどを送油している。 


嘉手納飛行場
縦にのびる住宅密集地が嘉手納町民の生活空間

旧日本陸軍中飛行場


嘉手納飛行場(FAC6037) 平成27年3月末現在

1 所在地: 嘉手納町、沖縄市、北谷町 (1市2町)

2 面積: 19.86平方キロメートル(嘉手納町域8.79平方キロメートル)

3 地主数: 11,539人(嘉手納町域4,794人)

4 年間貸借料: 28,197百万円(嘉手納町域11,885百万円)

5 基地従業員数: 2,706人(嘉手納町民79人)

  MLC(労務基本契約)1,692人(嘉手納町民44人)

  IHA(諸機関労務協約)1,014人(嘉手納町民31人)

6 軍人、軍属、家族数

  在日米軍方針により非公開

7 管理部隊: 第18航空団

8 使用部隊:

第18航空団(第18運用群、第18整備群、第18任務支援群、第18施設群、第18医療群),在沖米海軍艦隊活動司令部、嘉手納海軍航空施設隊

9 主要工作物等

建 物:司令部事務所 管制塔 ターミナルビル 格納庫 兵舎 住宅 学校 教会劇場 銀行 消防署 病院 郵便局 図書館 体育館 その他
工作物:滑走路(3,689m×91m、3,689m×61m)駐機場 エンジン調整場 消音装置 照明設備 保安シェルター 遮音壁 その他

10 主な常駐機種

  F-15イーグル戦闘機(約54機)

  KC-135空中給油機(約15機)

  E-3B空中早期警戒管制機(2機)

  HH-60G ペイブホーク救難機(10機)

  P-3Cオライオン対潜哨戒機 ・ EP-3電子偵察機 (8機)

  P-8Aポセイドン対潜哨戒機 (6機)

  MC-130特殊作戦機(10機)

  C-12軽輸送機(2機)



 嘉手納基地に常駐する機種(常駐機) 

 

F-15C イーグル戦闘機
 
KC-135Rストラトタンカー空中給油
/医療輸送機
E-3Bセントリー空中早期警戒管制機
 
HH-60Gペイブホーク救難機
 
MC-130J特殊作戦機
 
P-3Cオライオン対潜哨戒機
 
EP-3EアリーズII電子偵察機
 
P-8Aポセイドン対潜哨戒機
 

11 現状及び任務

 本島中部の嘉手納町、北谷町及び沖縄市にまたがる嘉手納飛行場は、300mのオーバーランをもつ2本の滑走路(全長3,689m、幅91m、全長3,689m、幅61m)を有し、極東で最も活発な米空軍基地である。同飛行場には、太平洋空軍第5空軍隷下の第18航空団が駐留しており、他のテナント部隊の役割と併せて、防空、反撃、戦略、空輸、支援、偵察、機体整備等の総合的な基地となっている。

 第18航空団の主力は、第18運用群であり、この部隊は、F-15C/Dイーグル戦闘機を有する第44・第67戦闘中隊を主力部隊に、第909空中給油中隊、第961航空空中管制中隊や第31・第33救難中隊等からなる。

 同飛行場は、北西側の飛行場地区と南東側の居住地区からなり、飛行場地区の滑走路の南東には、空軍のF-15C/Dイーグル戦闘機の駐機場、エンジンテスト場、小型機洗機場等がある。滑走路の北西、嘉手納町屋良・嘉手納・水釜地域は、空軍の大型機の駐機場や海軍航空施設地域等となっており、空軍のKC-135Rストラトタンカー空中給油機、E-3Bセントリー空中早期警戒管制機の大型機、HH-60Gペイブホーク救難機等の駐機場やメンテナンス場、大型・中型機洗機場及び海軍のP-3Cオライオン対潜哨戒機、P-8Aポセイドン対潜哨戒機及びEP-3電子偵察機等の駐機場や海軍機メンテナンス場、海軍小型機格納庫等がある。

 MC-130航空機の運用の移転については、平成8年12月16日に住民地区に近接(約50m)している海軍駐機場から主要滑走路の北西隅へ移転、嘉手納飛行場における遮音壁の建設については、平成12年7月11日に完成した。

 海軍航空機の運用の移転については、平成15年8月1日、沖縄市が海軍航空機の運用及び支援施設の移転受け入れを表明し、平成21年2月10日、海軍駐機場(駐機場、誘導路、整備格納庫等)を主要滑走路の反対側に移転すること等について、日米合同委員会で合意され、工事が進められている。海軍駐機場には、平成25年12月以降P-3C哨戒機の後継機であるP-8が6機配備されている。同駐機場の洗機施設については、小型機の洗機場は、平成18年5月にF-15駐機エリア付近に、大型・中型機の洗機場は、平成20年9月に空軍大型機駐機場(L-11)地区へそれぞれ移転した。

 また、平成18年12月末には陸軍の兵員600人とパトリオット・ミサイル(PAC3)24基が配備されたほか、平成19年2月には、米本国以外ではじめて最新鋭ステルス戦闘機F-22Aラプター12機が一時配備され、平成25年は1月から10月の長期にわたり、平成26年は1月から同年4月まで12機が一時配備された。そのほか、平成27年1月から4月までウィスコンシン州在空軍州兵第115戦闘団からの人員約250名及び約12機のF-16ファイティング・ファルコン戦闘機が配備された。



 嘉手納基地に飛来する機種(外来機) 


F-22Aラプター高性能戦闘機
 
FA-18Dホーネット戦闘攻撃機
 
AV-8BハリアーII攻撃機
 
F-16Cファイティングファルコン戦闘機
 
EA-6Bプラウラー電子戦機
 
MV-22Bオスプレイ輸送機
 

■嘉手納弾薬庫地区(FAC6022)平成27年3月末現在

1 所在地: 嘉手納町 読谷村 恩納村 沖縄市 うるま市(2市1町2村)

2 面積: 26.58平方キロメートル(嘉手納町域3.48平方キロメートル)

3 地主数: 4,525人(嘉手納町域143人)

4 年間貸借料:  11,510百万円(嘉手納町域1,371百万円)

5 基地従業員数: 286人(嘉手納町民13人)

  MLC(労務基本契約)250人(嘉手納町民12人)

  IHA(諸機関労務協約)36人(嘉手納町民1人)

6 管理部隊:第18航空団第18任務支援群(空軍地区)

         在沖米海兵隊基地司令部(海兵隊地区)

7 使用部隊: 第18航空団第18整備群第18弾薬中隊 その他

8 主要工作物等

  建物: 事務所 弾薬庫 整備工場 隊舎 犬舎 家族住宅 その他

  工作物等: 貯油施設 モータープール レクリエーション施設 その他

9 現状及び任務

  嘉手納弾薬庫地区は、嘉手納飛行場の北東側に隣接し、5市町村にまたがる広大な森林地域にあり、リュウキュウマツやスダジイの群落など山林が広がっており、貴重な動植物が生息しているほか、本島中部地区において水源が最も豊富なところで長田川、平山川、与那原川、比謝川があり貴重な水資源涵養林地域となっているところである。

  嘉手納弾薬庫地区は、昭和47 年5月15 日の復帰の際に「嘉手納弾薬庫」、「比謝川サイト」、「波平弾薬庫」、「読谷合同弾薬処理場」、「陸軍サービス弾薬庫」、「知花弾薬庫」、「嘉手納タカン弾薬庫」、「嘉手納ボルタック弾薬庫」及び「東恩納弾薬庫」が、「嘉手納弾薬庫地区」として統合されたものであり、空軍、海兵隊、海軍及び陸軍の各種兵器の貯蔵庫として、また、極東地域への弾薬類の統合貯蔵補給地区として、極めて重要な役割を果たしている。同弾薬庫地区は、第18 航空団第18整備群第18弾薬中隊が管理運営し、陸軍、海軍、空軍、海兵隊、四軍全部の任務を支援し、太平洋地域に展開する米軍が使用する通常弾薬の貯蔵、整備などを行っている。

 同弾薬庫地区内は、弾薬貯蔵庫地域と保安地域に分かれている。弾薬貯蔵庫地域は、立入りも厳重にチェックされ、特定の場所以外は禁煙とされており、弾薬貯蔵庫群のほかに弾薬補修工場、検査室、管理事務所等があり、弾薬の再生、組立、貯蔵施設管理が行われている。

  近年、嘉手納弾薬庫地区のシルバーフラックサイトにおいて、エックスプローセブ・シュミレーター(模擬爆発装置)と水蒸気を使用した基地修復訓練が実施されている。同訓練は、爆撃などで破壊された滑走路を再び使用できる状態に修復する訓練で、かつては、グランド・バースト・シュミレーター(地上爆発模擬装置)と発煙装置を使用していたため、爆発音による騒音をはじめ、平成16 年12 月10 日には、同訓練により発生した赤い煙が住宅地域や嘉手納高等学校に流れ込み、同校で授業の中断や、生徒がのどや目の痛みを訴えるなどの被害がでた。


■ 陸軍貯油施設(FAC6076)平成25年3月末現在

1 所在地: 嘉手納町 北谷町 沖縄市 うるま市 宜野湾市(3市2町)

2 面積: 1.28平方キロメートル(嘉手納町域0.13平方キロメートル)

3 地主数: 984人(嘉手納町域99人)

4 年間貸借料:  1,403百万円(嘉手納町域194百万円)

5 基地従業員数: 102人(嘉手納町民3人)

  MLC(基本労務契約)94人(嘉手納町民3人)

  MC(船員契約) 8人(嘉手納町民0人)

6 管理部隊: 米国陸軍第10地域支援群司令部

7 使用部隊: 米国陸軍第505補給大隊 その他  

8 現状及び任務  

 陸軍貯油施設は、 金武第1、 第2、 第3タンクファーム、 天願ブースターステーション、桑江第1、 第2タンクファーム、 桑江ブースターステーション、 それにこれらの施設を連結する幅30フィート(9.1m)の送油管敷設からなっている。 貯油施設は、うるま市の天願桟橋、 キャンプ・コートニーに隣接する地域と嘉手納飛行場に隣接する地域にある。

 施設を連結する送油管は、 以前は那覇港湾施設から嘉手納飛行場に至る北上ラインと天願桟橋から嘉手納飛行場及び普天間飛行場へ送る南下ラインがあって、 基地間を連結していた。北上ラインについては、 那覇港湾施設の全面返還合意に伴い、 那覇港湾施設タンク地区 (昭和61年返還) の18 基の代替タンクを金武第1、第2、第3タンクファーム及び桑江タンクファームに建設し、その機能が移設されたことにより北上ラインは完全に撤去された。南下ラインは、 金武タンクファームから嘉手納弾薬庫地区、 嘉手納飛行場、 桑江ブースターステーション、 キャンプ瑞慶覧を通って普天間飛行場までの送油管施設が残っている。送油管は2本~4本からなり、 金武湾沖合の石油ポイントから送油されている。

 送油される油はJP-4(ジェット燃料)、MOGAS(ガソリン)、DFM(ディーゼル燃料)、Aviation Fuel(航空燃料)、JP-1(ケロシン)、NOF(蒸留燃料)等である。

陸軍貯油施設


航空機騒音

 日常生活を営むなかで音は常に身の回りで発生している。音を聞く時は個人間で差異があり、心理的、感覚的なものが大きく作用するので、聞く人によってそれぞれ感じ方が違う。そのため騒音の定義は難しく、一般的に「あることの好ましくない音」、「ないほうがよい音」が騒音といわれている。では、具体的には、(1)生理的に障害を起こすような音、(2)大きい音、(3)音色の不快な音、(4)音声などの聴取を妨げる音、(5)勉強や事務能率を低下させる音、(6)休養や安眠を妨げる音などである。このような騒音の測定単位として「デシベル」が用いられ、日常聞こえる音を航空機騒音の大きさと比較するために、一般的な騒音レベルがどのように感じるかを下表により表してみた。



 騒音が人体に与える影響 



 通常、1メートルの間隔で会話した状態のデシベル値が60とされており、60デシベルの音でも会話以外の騒音となると不快感を覚え、90デシベル以上の騒音の中では作業能率の低下等の弊害も表れてくる。本町では、騒音の実態を把握し、騒音の軽減緩和対策要請活動の資料にするため昭和53年から航空機騒音測定器を町役場屋上に設置し常時測定を行ってきた。平成7年12月には嘉手納町航空機騒音オンラインシステムを導入し、測定資料の迅速化、正確化、事務の省力化を図るとともに、測定局も3か所に増やし町内の航空機騒音の状況把握に努めている。

 現在、本町では嘉手納町役場(嘉手納地区)、兼久体育館(兼久地区)及び屋良地域個人住宅(屋良地区)の屋上に航空機騒音測定器を設置し、航空機騒音の測定を行っている。


    

 

souon-kaisuu.png


 

航空機事故

嘉手納町民は、たえず航空機の墜落事故などの不安と危機感の中で生活を余儀なくされてきた。沖縄県の統計(平成26年度12月末現在)によると復帰後の米軍航空機関連事故(発生場所別)において、基地内487件中449件(92.2%)が嘉手納飛行場で発生しており、町民は常に危険と隣り合わせの状況下にある。嘉手納基地に関連する主な航空機事故は、次のとおりとなっている。


年月日
事故概要
昭和34年6月30日嘉手納基地所属F-100ジェット戦闘機が石川市宮森小学校に墜落、炎上。児童を含む17人が死亡、重軽傷者210人
昭和37年12月20日KB-50空中給油機が字屋良に墜落炎上、村民の死者2人、重軽傷者8人、住家3棟全焼
昭和41年5月19日KC-135空中給油機が(コザ市と嘉手納村との境界)墜落、村民1人が死亡
昭和43年11月19日B-52戦略爆撃機墜落爆発(村民の重軽傷者16人、校舎・住宅等365件の被害)
昭和62年5月19日嘉手納基地所属F-15イーグル戦闘機1機が沖縄本島東海上に墜落
平成元年3月14日嘉手納基地第33空中救難中隊所属HH-3ヘリコプター1機が伊江島沖で訓練中墜落、乗員2人救助残り3人は行方不明
平成5年9月1日第33空中救難中隊所属HH-3ヘリコプターが滑走路を移動中に事故を起こし、兵士1人が死亡、4人が重軽傷
平成6年4月4日嘉手納基地第44飛行中隊所属F-15イーグル戦闘機1機が離陸直後、沖縄市白川の米軍提供施設区域内に墜落し爆発(パイロットは脱出)
平成7年10月18日嘉手納基地所属F-15イーグル戦闘機1機が沖縄本島南海上に墜落
平成9年5月30日嘉手納基地所属F-15イーグル戦闘機1機が離陸直後、操縦室を覆う防風ガラスが外れ、同基地内に落下。同機は間もなく着陸し、被害は無かった
平成11年6月4日アリゾナ州ユマ基地所属のAV-8Bハリアー戦闘機1機が離陸に失敗して滑走路わきへ墜落炎上。パイロットは無事脱出
平成14年8月21日嘉手納基地所属F-15イーグル戦闘機1機が沖縄本島南海上に墜落
平成18年1月17日嘉手納基地所属F-15イーグル戦闘機1機が沖縄本島北東海上に墜落
平成18年8月25日嘉手納基地所属F-15イーグル戦闘機から訓練用照明弾1個が国道58号線近く陸軍貯油施設内へ落下
平成20年10月24日嘉手納エアロクラブ所属のセスナ機C-172型が名護市真喜屋のサトウキビ畑に墜落
平成25年5月28日嘉手納基地所属F-15イーグル戦闘機1機が沖縄本島東沖の訓練区域に墜落
平成25年8月5日嘉手納基地所属HH-60救難ヘリ1機がキャンプ・ハンセン内に墜落、炎上、乗組員1人死亡


KB50型輸送機墜落事故右写真の奥は住宅
 
KC-135空中給油機墜落事故
F-15墜落事故

B-52墜落事故


環境汚染事故等

 基地内からの航空機燃料及び合成洗剤の流出事故もしばしば発生し、地下水、河川を汚染した。屋良地域では、地下に染み込んだ航空機燃料油によって、昭和42年5月頃から井戸水が汚染され、同43年6月には嘉手納地域でも同種の汚染が判明、汲み取った水に火を近づけるとパッと燃え上がり「燃える井戸」として危険な状態にあった。


    

水のサンプル採取と燃える井戸水を囲む調査団


 その後、燃料油が自然浄化されるにつれ、菜園への散水に利用されるまでに回復したが、井戸の一部は、ずっとふたがかけられ現在でも使用されないでいる。

 平成10年8月には、元基地従業員からの証言により、1970年代に嘉手納マリーナ近くの基地内にあったとされるため池にPCBを含む廃油が投棄されていたことが、地元新聞から報道され社会的反響を呼んだ。

 平成19年5月にジェット燃料4,000ガロン(ドラム缶約76本分)が流出した。環境への影響はわずかであったものの発生から1週間後の公表に通報体制が問われた。

 最近では、平成22年9月に嘉手納飛行場にある燃料貯蔵及び輸送地区の燃料輸送タンクでJP-8燃料約780ガロン(約2,950リットル)が流出、同年12月にも嘉手納弾薬庫地区でJP-8燃料が約40ガロン(約151リットル)流出する事故があった。