メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

9月は世界アルツハイマー月間です

福祉課:2020/09/02

『世界アルツハイマー月間とは』

 国際アルツハイマー病協会(ADI)は、世界保健機構(WHO)と共同で、毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」、9月を「世界アルツハイマー月間」と制定し、この日を中心に認知症への理解を深め、世界の患者と家族に援助と希望をもたらすことを目的としています。

『認知症とは?』

 認知症とは、さまざまな原因で脳の働きが悪くなって記憶力や判断力などが低下し、日常生活にまで支障がでる状態で、通常の老化による衰えとは違います。たとえば、朝ごはんに何を食べたか思い出せないといった体験の一部を忘れるのは、老化によるもの忘れといえますが、朝ごはんを食べたこと自体を忘れてしまう場合は、認知症が疑われます。

『どんな症状が起こるの?』

 認知症になると記憶力や判断力などが衰えます。これを「中核症状」と呼びます。また、中核症状のために周囲にうまく適応できなくなったり、心身が衰えたり、不安になることなどによって、妄想や幻覚などの症状がでることがあり、これを「周辺症状」といいます。

『認知症に関する相談窓口』

 嘉手納町では、認知症に関するさまざまな事業を実施しています。認知症に関することでお悩みやご相談は、嘉手納町地域包括支援センターにお気軽にご相談ください。

お問い合わせ先:嘉手納町地域包括支援センター 098-956-0849