メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

骨髄移植等後の予防接種の再接種にかかる費用助成のお知らせ

町民保険課:2020/08/28

嘉手納町特別の理由による任意予防接種費用助成事業

 

 小児がんなどの治療のため、骨髄移植等の医療行為により、治療前に接種したワクチンの免疫が低下または消失することがあります。
 嘉手納町では、骨髄移植等の医療行為により、接種済みの定期予防接種の効果が期待できないと医師に判断され、予防接種の再接種を希望する方に対し、再接種にかかる費用の助成事業を実施します。

助成対象となる方

1.骨髄移植等により、移植等の前に受けた定期予防接種の効果が期待できないと医師に判断されていること

2.接種済みの定期予防接種の接種回数および感覚が、予防接種実施規則に基づき実施されていること

3.対象予防接種の接種日において、嘉手納町に住民登録があること

対象となる予防接種

1.再接種する予防接種が予防接種法で定められる定期予防接種であること

2.使用するワクチンが予防接種実施規則の規定によるものであること

3.1のワクチンのうち、四種混合は15歳、ヒブは10歳、小児肺炎球菌は6歳、BCGは4歳、それ以外は20歳に達するまでとする

助成金交付までの流れ

①事前申請
まずは役場に事前にご相談ください。役場窓口にて直接ご相談いただくか、町民保健課 健康予防係までご連絡ください。
(※接種までの流れの説明と、申請に必要な書類をお渡しします)

②申請書提出
 助成認定申請書、医師記入の理由書、依然受けた定期予防接種の記録が確認できるもの(母子手帳など)を併せてご提出ください。
 (※申請書類をもとに認定の可否を判断します)

③再接種費用の請求
 認定を受け再接種を済ませたら、助成申請書兼請求書、接種が確認できる書類(病院の領収書など)を合わせてご提出ください。

④助成金の交付
 請求内容を精査し、助成金を交付します。(※交付に時間がかかる場合があります)

お問い合わせ

 嘉手納町役場 町民保健課 健康予防係 ☎956-1111(内線149・153)まで