メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風しん患者の発生に伴う注意喚起

町民保険課:2019/01/10

 現在、関東地方を中心に風しんが流行しており、県内でも平成31年1月15日までに新たに1名の風しん患者が確認されており、平成31年の県内の合計患者数が2名となっています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

プレスリリース(平成31年第2報).pdf

プレスリリース(平成31年第1報).pdf

プレスリリース(第七報).pdf

プレスリリース(第六報).pdf

【妊婦の家族、または妊娠を希望する女性の方へお願い】

先天性風疹症候群(風しんに対する免疫が不十分な妊婦が妊娠初期にかかると、産まれてくる赤ちゃんが目や耳、心臓に障害持つ可能性がある)の発生を防ぐため、特に妊娠を希望される方や妊婦の同居者(夫、子どもなど)は、かかりつけ医に相談し、抗体検査や予防接種を受けることについて、積極的にご検討ください。

また、30代から50代の男性は、風しんの免疫が不十分な世代と言われています。この世代の方は、予防接種について積極的にご検討ください。

成人の方でも接種及び抗体検査可能な医療機関について】

予防接種については、こちらをご覧ください。

成人麻しん風しん予防接種実施施設一覧表.pdf

抗体検査については、こちらをご覧ください。

成人麻しん風しん抗体検査実施施設一覧表.pdf