メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【再掲】内閣官房より、「弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に取るべきの行動について」お知らせいたします。

総務課:2017/11/07

 北朝鮮により弾道ミサイルが発射された場合で、日本に飛来する可能性がある時は、関係する地域の住民に対して全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用して情報伝達することとなっております。昨今の情勢を踏まえ、弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に、国民が取るべき行動についてお知らせいたします。

 

資 料 :  1. 弾道ミサイル落下時の行動について (外部リンク)

       2. Actions in case of missiles flying to Japan(English).pdf 

       3. 弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A (外部リンク)

       4. スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用.pdf

       5. 全国瞬時警報システム(J-アラート)による情報伝達について (外部リンク) 

       6. 全国瞬時警報システム(J-アラート)による情報伝達に関するQ&A (外部リンク)

 

 詳細:国民保護制度に関する詳細は国民保護ポータルサイトをご覧ください。
  ・国民保護ポータルサイト(外部リンク)