メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動画ライブラリー かでな町 食育まんが・レシピ

各事業所様へ給与支払報告書の提出についてのお知らせ

情報登録日:2017/11/08

 平素より税務行政につきましてご理解とご協力をいただき厚く御礼申し上げます。
 会社や事業所を経営されている方は、平成29年中に従業員の方(役員、パート、アルバイトを含む。)へ給与の支払いがあった場合は、平成30年1月1日現在に居住する市区町村宛に「給与支払報告書」を提出していただく必要があります。つきましては、下記の事項をご確認いただき、給与支払報告書の提出をお願いします。

◆提 出 先 :嘉手納町役場 税務課

◆提出期限 :平成30年1月31日 水曜日(厳守)

◆提出内容 :①給与支払報告書(総括表):事業所につき1枚
           「様式」はこちら 平成30年度給与支払報告書(総括表).pdf

         ②給与支払報告書(個人別明細書):従業員1人につき2部 
           「記載例」はこちら 記載例:平成30年度給与支払報告書(個人別明細書).pdf

※注意事項
・給与支払報告書(個人別明細書)の様式をお持ちでない場合は、最寄りの税務署または市町村へお問い合わせください。
・給与支払報告書は、従業員の平成30年1月1日現在の住所所在地へ提出することとなっております。提出前に住所所在地、氏名及び生年月日の確認をお願いします。

「平成30年度(平成29年分)給与支払報告書」にはマイナンバーを記載してください。

 平成29年度(平成28年分)からの給与支払報告書(総括表・個人別明細書)は、社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の施行に伴い、法人番号及び個人番号の記載が必要となっております。 〔根拠法令:地方税法施行規則等の一部を改正する省令(平成27年総務省省令第91号)〕
 また、給与支払者が個人事業主の場合(法人番号がない場合)は、給与支払報告書提出の際に通知カード及び運転免許所等での本人確認が必要になります。

 詳しくはこちら マイナンバー記載のお知らせ.pdf

平成29年度から個人住民税の特別徴収義務者の一斉指定を実施しています。

 沖縄県と県内41市町村は、平成29年度までにすべての事業主(給与支払者)が特別徴収へ移行するよう取り組みを行っています。従業員の皆さん(役員、パート、アルバイト等を含む。)は、原則特別徴収となります。
 個人住民税(市町村民税・県民税)を給与から特別徴収できない方(下記事項のいずれかに該当する方) については、普通徴収への切り替えが可能となります。給与支払報告書の摘要欄に該当記号(a~g)をご記入ください。 
 下記事項に該当する方以外の方は、法の規定により特別徴収となります。下記以外の理由での普通徴収への切替は出来ません。また、記号の記載がなく、「普通徴収希望」や「普通徴収」とだけ摘要欄に記入した場合も認められませんのでご注意ください

◎普通徴収切替事由
 a.常時2人以下のお手伝いさんなどのような家事使用人のみの事業所である
 b.給与の支給期間が1月を超える者(例:2月に1回給与が支給される者)
 c.1月以上外国航路を航行し、慣行として不定期に給与の支払を受ける者
 d.退職(休職)者又は5月1日までに退職(休職)予定の者
 e.税額が支給給与額を上回るため、給与から天引き(特別徴収)できない者
 f.乙欄適用者
 g.事業専従者(青色申告者は除く)

◆特別徴収に関する法的根拠
 地方税法第321条の3 「給与所得に係る個人の市町村民税の特別徴収」
 地方税法第321条の4 「給与所得に係る特別徴収義務者の指定等」
 地方税法第321条の5 「給与所得に係る特別徴収税額の納入の義務等」

eLTAX(エルタックス)での提出について  

 個人市・県民税にかかる特別徴収関連手続きについて、地方税ポータルシステム(eLTAX:エルタックス)を利用し、インターネットによる受付を行っています。eLTAXを利用すれば、申告書等の作成・提出において、チェック機能により入力誤りや計算誤りが防止でき、郵送料等も不要です。また、1回のデータ送信操作で複数の地方公共団体に提出できるなどのメリットがあります。
 詳しくは、eLTAXホームページ(地方税ポータルシステム)をご覧ください。



問い合わせ先

〒904-0293
沖縄県中頭郡嘉手納町字嘉手納588番地
 嘉手納町役場税務課税務係
 TEL:098-956-1111(内線184) FAX:098-956-1223

※「用語解説」で表示される用語のリンクは、運営元のページに移動します。