メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動画ライブラリー かでな町 食育まんが・レシピ

国民年金について

情報登録日:2017/05/24

【国民年金に加入する人は、どんな人?】

 (1) あなたは現在 20歳以上60歳未満の自営業者、学生、自由業者、
  無職の方ですか?

  あなたは第1号被保険者です
  加入手続きは市区町村の国民年金担当窓口で行います。

 (2) あなたは現在 会社員、公務員、の方ですか?

 あなたは第2号被保険者です
 加入手続きは 厚生年金、共済組合加入と同時に国民年金に加入することに
 なりますので届出は不要です

 (3) あなたは現在 厚生年金や共済組合の加入者に扶養されている妻(夫)で
  20歳以上60歳未満の方ですか?

 あなたは第3号被保険者です
 加入手続きは 第2号被保険者の勤務先で届出をしてください。

【保険料】
 第1号被保険者の保険料(平成29年度)
   定額保険料1か月 16,490円
   付加保険料1か月    400円

   保険料は自分で納めます。
   便利な口座振替をおすすめします。毎月自動的に引き落とされ、納め忘れも
   ありません。

 第2号被保険者の保険料
   厚生年金・共済組合の加入者は、国民年金にも加入しますが、国民年金
   保険料は、加入している制度から必要な額だけ拠出金としてまとめて支払
   われます。したがって自分で納める必要はありません。

 第3号被保険者の保険料
   保険料は、配偶者の加入する厚生年金や共済組合が制度全体として負担
   するしくみになっています。したがって国民年金保険料を自分で納める
   必要はありません。


【国民年金の種類】
 国民年金は次の3種種類の基礎年金で、人生のもしもの時の困難をカバーします


 ・老齢基礎年金
  20歳から60歳までの40年間、保険料を納め続けると、65歳から満額
  の老齢基礎年金を生涯受けられます。

  年金額(平成29年度)
   779,300円(満額)
  ※サラリーマンやOLなどは、厚生年金などと同時に国民年金にも加入します
   ので老齢基礎年金に厚生年金などがプラスされます。


 ・障害基礎年金
  在学中はもとより社会に出てからも、事故や病気で障害が残った時は、障害
  の程度に応じた障害基礎年金を障害の状態が続く限り受けられます。  

   年金額(平成29年度)
   1級  974,125円+子の加算
   2級  779,300円+子の加算
  ※国民年金に加入していなかったり、保険料が納められていない期間が
   3分の1以上あると、障害が残っても年金を受けられません。


 ・遺族基礎年金
  将来、あなたにもしものことがあったとき、残された子のある妻または子が
  遺族基礎年金を受けられます。

   年金額(平成29年度)
   779,300円+子の加算

  ※死亡された方が国民年金に加入していなかったり、保険料が納められていない期間が
   3分の1以上あると、年金を受けられません。

【関連リンク】

※「用語解説」で表示される用語のリンクは、運営元のページに移動します。