メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

嘉手納町住宅用火災警報器の設置助成について

福祉課:2011/07/11

 住宅火災による死者の発生を防ぐことを目的に消防法で、平成23年6月から全ての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられています。住宅火災で死亡する人の6割が高齢者であることから、本町では「嘉手納町緊急経済対策事業」の取り組みとして、下記の内容で住宅用火災警報器を無料で設置いたします。



対象者
 ①満65歳以上のひとり暮らし高齢者
 ②満65歳以上の高齢者のみの世帯に属する方
 ③満65歳以上の高齢者のみの世帯と重度障害者の世帯に属する方
※ただし、平成24年3月31日までに満65歳に到達する方で住宅用火災警報器をまだ設置していない方に限ります。


設置個数:1世帯2個以内(寝室・台所)
実施期間:平成23年8月1日~平成24年3月31日まで

※受給資格者には「住宅用火災警報器設置助成受給資格者証」を送付しますので、受給資格者証が届きましたらこの機会にぜひ住宅用火災警報器設置助成を受けてください。


※役場が住宅用火災警報器の販売をしたり、業者をあっせんしたりすることは一切ありませんので、役場を名乗って不当な価格で強引に住宅用火災警報器を売りつける訪問販売等にはくれぐれもご注意ください。


お問合せ先
嘉手納町役場 福祉課 社会福祉係
TEL:956-1111(内線128)